引っ越したい、部屋を借りたいと思ったら、まずお金を貯める必要があります。
では、賃貸不動産で契約する場合、初期費用の相場はいくらぐらいかかるのでしょうか?

まず初期費用として、敷金と礼金がかかります。
「敷金」とは、契約を終えて部屋を退去する時に、原状回復費用にかかるお金の事です。
そのお金を契約時に預かっておき、契約終了後に、原状回復費用で残ったお金は戻ってきます。

そのため、出来るだけ部屋は原状回復しやすいように、汚さずキレイに利用しましょう。
敷金の相場料金の目安は、家賃の1~2ヶ月程度となっています。

人によっては敷金と礼金はセットになっていて、同じようなものだと思っている人もいるかもしれません。
しかし「礼金」は、言葉通り部屋を所有し管理している大家さんに対して支払われるお金です。
そのため、礼金は退去時に戻ってこないお金です。
礼金の相場料金も家賃の1~2ヶ月程度となっています。

ですが礼金に対する考え方は、大家さんによってそれぞれ異なります。
空室でなかなか部屋が埋まらないよりも、礼金ゼロにして家賃収入を確保した方がいいと考える大家さんも最近は増えてきています。
なので、敷金ゼロの部屋も存在しているので、初期費用を極力抑えたいという人は礼金ゼロ物件を探してみて下さい。

「前家賃」とは、契約し入居する最初の月は、家賃は前払いになるのが基本です。
ただし、月の途中から入居する場合は、前家賃は家賃の全額ではなく、日割り家賃として計算されます。

「仲介手数料」とは、大家さんに代わって物件の案内や契約の手続きを行う賃貸不動産会社に支払われるお金の事です。
法律で仲介手数料の上限が家賃の1ヶ月分と決められています。

「火災保険料」とは、火災や水漏れなどのトラブルを補償するための保険料です。
トラブルの補償は、必要ないから支払いたくないと思う人もいるかもしれません。
しかし大家さんとしては、火災や水漏れなどのトラブルが起こると修繕費が発生します。

そのため修繕費の負担を軽減するために、契約時に火災保険に加入するのはほぼ強制だと言えます。
火災保険料は1人暮らしで1.5万円、2人暮らし以上で2万円程度が相場料金となっています。

その他にかかる初期費用としては、保証料が発生するケースもあります。
保証料とは、連帯保証人がいない人が家賃保証会社を利用し、支払うお金の事です。
保証料とは(家賃+管理費)×0.5ヶ月分が相場料金となり、戻ってきません。

あと契約時に発生する初期費用ではありませんが、契約し引っ越してくる際に、引っ越し料金も発生するので、引っ越し料金分のお金も用意しておく必要があります。
引っ越し料金は、荷物の量、引っ越しする距離、引っ越しする人数など条件によって大きく異なります。なので、引っ越し料金がどれぐらいかかるのかは、事前に見積もりを出してもらって下さい。

引っ越し料金以外にも、引っ越しの際に新しく家具や家電を買い揃えるという人もいるでしょう。
そうなると、さらにかかるお金は増えてしまいます。

賃貸不動産を契約して新しい生活を始めたい、そう考える場合に、これだけ初期費用が発生する事を理解して、まずはお金を貯めるところからスタートして下さい。
相場料金の目安となるのが、家賃×1~2ヶ月分なので、物件選びの際に予算よりも家賃が上がってしまうと、大幅に初期費用も上がってしまう事もよく理解した上で、無理のない物件を選ぶ事も重要です。

ただ、工夫次第では、初期費用を安く抑える事は可能です。
例えば、敷金、礼金、前家賃なしのフリーレントと呼ばれる物件を選ぶ事も1つの方法です。
このフリーレント契約の場合は、契約1年未満で引っ越した場合は、違約金が発生するなどの縛りがあるので、契約内容はよく確認して下さい。

また大家さんに交渉する事で、家賃が数千円程度安くなる可能性もあります。
総額は安くならなくても、支払いを一括払いではなく、分割払いにする方法もあります。
分割払いであれば、貯金額が少なくても、月々の返済時までにお金を用意すればいいので、初期費用の負担を減らす事が出来るでしょう。

  • Posted on 20. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

賃貸不動産で物件選びをする際に、どこをチェックすればいいのか分からない。
そんな人も多いのではないでしょうか?

では賃貸不動産の物件選びで失敗しないために、チェックポイントについていくつか紹介します。
まず物件選びで重視するのは、「立地条件」という人は多いでしょう。
学校や会社までのアクセスのいい場所を探したいですよね。

ですが最寄り駅に拘った結果、家賃が割高になってしまったり、近くにスーパーがなかったり、飲み屋が多く酔っ払いが多くてウルサかったりなど、住んでみて不都合を感じるかもしれません。

失敗を防ぐためには、駅や物件周辺にどのようなお店や施設があるのか、下調べしてみて下さい。
日中だけでなく、夜にも時間を変えて訪れ様子をみる事がポイントです。

物件選びで重視するのは、「部屋の設備」という人もいるでしょう。
例えば同じワンルームの6畳の部屋でも、収納スペースの有無やロフトなどの設備によって、暮らしやすさは大きく異なります。

他にも洗濯機置き場が外の場合は、雨だと使い勝手が悪かったり、洗濯機が外に置きっぱなしのため劣化が早かったりなどのデメリットもあります。
水回りの生活同線が使いにくい、ユニットバスは使いにくいなど、実際に生活してみないと気づかない事も多々あります。

特に初めて一人暮らしをするという人であれば、部屋の設備がどのようなモノが使い勝手がいいのか選ぶ段階でピンとこないかもしれません。
なので、実際に一人暮らしをしている友達やネットでの口コミの意見も参考にするといいでしょう。

ただし賃貸不動産の物件選びの際に、立地条件がいいところ、部屋の設備がいいところ、家賃は出来るだけ抑えたい。そんな自分の条件が全て満たされる物件を探すのは、難しいと言えます。
そのため、絶対譲れない条件と、ある程度妥協出来る条件という具合に条件に優先順位をつけて選びましょう。

一人暮らしで、新たに家具や家電を揃えるという人もいるかもしれませんが、今所有している家具や家電をそのまま使用するケースも多いですよね。
なので、物件選びの際には、家具や家電をどのように配置するのか、イメージする事も重要です。
そのため事前に家具や家電をメジャーではかっておき、内覧時にもメジャーを持っていきましょう。

条件が全て満たす部屋が存在しても、家賃が高すぎると生活をする上で大きな負担になってしまいます。生活費における家賃の目安は、手取り収入の3分の1に収めるように、物件を選ぶようにして下さい。

また家賃以外にも、賃貸不動産を契約する際には、いろいろと諸経費が発生する事を理解しておきましょう。初期費用として考えておきたいのは、敷金と礼金が家賃の1~2ヶ月程度、そして不動産会社に対しても、仲介手数料が発生します。

管理費は初期費用ではなく、毎月かかるお金なので、家賃+管理費で手取りの3分の1に収まるようにして下さい。車やバイクを所有している場合は、駐車場スペースの空き状況や駐車場料金の有無も必ず事前に確認しておきましょう。

賃貸不動産の物件選びに迷いはつきものです。
しかしながら迷ってたくさん物件を内覧するうちに、ますます何を最優先するべきか分からなくなってしまったり、いい物件はすぐに契約されてしまったりします。

収納スペースを工夫するなど、家電や家具の配置を変えて生活同線を変えてみるなど、工夫次第で住みやすくする事も可能です。なので、絶対に譲れない条件をリストアップし、不動産会社の担当者に相談しながら、物件を選びましょう。

物件選びは、最初から全て上手くいくという事は少ないと言えます。
何度か失敗を繰り返しながら、自分が譲れない条件が明確になったり、条件に加えていたけど、意外となくても平気な事に気づいたりします。そんな経験を通じて、物件選びの見る目を養い、そして給与アップに伴い、今よりも条件のいい部屋に引っ越せるようになる。
そんな部屋のステップアップを目指していくといいでしょう。

  • Posted on 13. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

賃貸不動産で契約をする際に、仲介手数料が発生する事が一般的です。
賃貸不動産で、いろいろ物件を紹介してもらい、内覧に連れていってもらい、物件を選びます。
そして物件を選ぶと、大家さんとの連絡のやり取りも全て不動産会社の担当者が行ってくれます。

最終的に、契約の手続きを行ってくれるところまでが、担当者の仕事で、その労働に対して支払うお金が本来は仲介手数料となる訳です。
仲介手数料の金額の上限は、法律で決められていて家賃の1ヶ月分となっています。

ですが最近、仲介手数料が無料というケースも存在します。
仲介手数料が無料であれば、初期費用の負担が減るので嬉しいですよね。
しかしながら、不動産会社はどうして仲介手数料が無料で大丈夫なの?

そんな疑問を持つ人もいるでしょう。
もちろん不動産会社も、労働に対して対価は必要です。
仲介手数料が無料とは、入居者からの手数料は無料で、その分の金額を大家さんからもらっているという事になります。

ではなぜ大家さんは、入居者の代わりに仲介手数料を支払ってくれるのでしょうか?
その理由は、空室を出来るだけ早く埋めたいという大家さん側の事情があります。

そのため仲介手数料が無料な物件は、確かにお得ですが、空室になる不人気の理由があります。
築年数が古かったり、駅からの距離が遠かったりなど立地条件が悪い、日当たりが悪いなど、入居してから後悔しないように、仲介手数料が無料な物件ほど、しっかりと内覧する必要があると言えます。

また人によっては、空室を早く埋めたいなら、仲介手数料を無料にするよりも、家賃を下げた方が速いのでは?
そう思う人もいますよね。
ですが実際のところ、大家さんは家賃を下げるのは、難しい状況にあります。

特に今は、ネットで簡単に家賃状況を知る事が出来ます。
初期費用を抑えるために、大家さんに交渉する場合は、事前にネットでも情報収集をしておく事をおすすめします。
そのため今住んでいる住人が、自分が6万円で借りている部屋が5万円に値下げされていると知ったらどうでしょうか?

当然、自分の部屋の家賃も5万円に値下げして欲しいと、クレームを出してくるはずです。
住人全員の家賃を値下げするという事になれば、大家さんの家賃収入は大打撃を受けてしまいます。
そのため、空室が出来ても家賃は安易に下げる事が出来ないので、仲介手数料や敷金・礼金などを無料にして、空室を埋めたいと望む大家さんが増えています。

引っ越しをする際に、初期費用を抑える事が出来れば、経済的負担が軽減される事は事実です。
しかし、物件選びは初期費用の安さだけで選んでしまうと、後悔する事が多々あります。

例えば、仲介手数料が無料だから選んだけれど、最寄り駅から職場までのアクセスが悪かったとしましょう。そうすると通勤時間が増えたり、交通費が高くついたりする可能性があります。
他にも、家賃の安さで風呂なし物件を選んだけれど、銭湯通いが思いの他高くついてしまう。

こんなふうに初期費用だけ抑えられても、生活費のコストが上がり、トータルコストが上がってしまうと、全然お得感はありません。
そのため、少なくても2年間は住み続けると想定して、トータルコストを比較して物件を選ぶ方がより失敗が少なくなるでしょう。

ただし最近は少子高齢化で地域によっては、人口が減少している都市も少なくありません。
そのため人口に対して物件数が多すぎて、空室が出ているだけで、部屋自体にはなんら問題がないというケースもあります。
以前に比べて、選択肢が増えたうえ、家賃の相場料金が下がっているという意味では、賃貸物件のメリットは増えてきています。
そういう物件を選ぶ事が出来れば、初期費用も抑えられて、生活費のコストも抑えられるので、トータルコスト的にもお得だと言えます。

なので、賃貸不動産を契約する際に、手数料無料の物件に安易に飛びつかずに、トータルコストを比較した上で、本当にお得なのかどうか検討してから、契約するようにして下さい。

  • Posted on 8. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment