賃貸不動産で契約をする際に、仲介手数料が発生する事が一般的です。
賃貸不動産で、いろいろ物件を紹介してもらい、内覧に連れていってもらい、物件を選びます。
そして物件を選ぶと、大家さんとの連絡のやり取りも全て不動産会社の担当者が行ってくれます。

最終的に、契約の手続きを行ってくれるところまでが、担当者の仕事で、その労働に対して支払うお金が本来は仲介手数料となる訳です。
仲介手数料の金額の上限は、法律で決められていて家賃の1ヶ月分となっています。

ですが最近、仲介手数料が無料というケースも存在します。
仲介手数料が無料であれば、初期費用の負担が減るので嬉しいですよね。
しかしながら、不動産会社はどうして仲介手数料が無料で大丈夫なの?

そんな疑問を持つ人もいるでしょう。
もちろん不動産会社も、労働に対して対価は必要です。
仲介手数料が無料とは、入居者からの手数料は無料で、その分の金額を大家さんからもらっているという事になります。

ではなぜ大家さんは、入居者の代わりに仲介手数料を支払ってくれるのでしょうか?
その理由は、空室を出来るだけ早く埋めたいという大家さん側の事情があります。

そのため仲介手数料が無料な物件は、確かにお得ですが、空室になる不人気の理由があります。
築年数が古かったり、駅からの距離が遠かったりなど立地条件が悪い、日当たりが悪いなど、入居してから後悔しないように、仲介手数料が無料な物件ほど、しっかりと内覧する必要があると言えます。

また人によっては、空室を早く埋めたいなら、仲介手数料を無料にするよりも、家賃を下げた方が速いのでは?
そう思う人もいますよね。
ですが実際のところ、大家さんは家賃を下げるのは、難しい状況にあります。

特に今は、ネットで簡単に家賃状況を知る事が出来ます。
初期費用を抑えるために、大家さんに交渉する場合は、事前にネットでも情報収集をしておく事をおすすめします。
そのため今住んでいる住人が、自分が6万円で借りている部屋が5万円に値下げされていると知ったらどうでしょうか?

当然、自分の部屋の家賃も5万円に値下げして欲しいと、クレームを出してくるはずです。
住人全員の家賃を値下げするという事になれば、大家さんの家賃収入は大打撃を受けてしまいます。
そのため、空室が出来ても家賃は安易に下げる事が出来ないので、仲介手数料や敷金・礼金などを無料にして、空室を埋めたいと望む大家さんが増えています。

引っ越しをする際に、初期費用を抑える事が出来れば、経済的負担が軽減される事は事実です。
しかし、物件選びは初期費用の安さだけで選んでしまうと、後悔する事が多々あります。

例えば、仲介手数料が無料だから選んだけれど、最寄り駅から職場までのアクセスが悪かったとしましょう。そうすると通勤時間が増えたり、交通費が高くついたりする可能性があります。
他にも、家賃の安さで風呂なし物件を選んだけれど、銭湯通いが思いの他高くついてしまう。

こんなふうに初期費用だけ抑えられても、生活費のコストが上がり、トータルコストが上がってしまうと、全然お得感はありません。
そのため、少なくても2年間は住み続けると想定して、トータルコストを比較して物件を選ぶ方がより失敗が少なくなるでしょう。

ただし最近は少子高齢化で地域によっては、人口が減少している都市も少なくありません。
そのため人口に対して物件数が多すぎて、空室が出ているだけで、部屋自体にはなんら問題がないというケースもあります。
以前に比べて、選択肢が増えたうえ、家賃の相場料金が下がっているという意味では、賃貸物件のメリットは増えてきています。
そういう物件を選ぶ事が出来れば、初期費用も抑えられて、生活費のコストも抑えられるので、トータルコスト的にもお得だと言えます。

なので、賃貸不動産を契約する際に、手数料無料の物件に安易に飛びつかずに、トータルコストを比較した上で、本当にお得なのかどうか検討してから、契約するようにして下さい。

  • Posted on 8. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA