引っ越したい、部屋を借りたいと思ったら、まずお金を貯める必要があります。
では、賃貸不動産で契約する場合、初期費用の相場はいくらぐらいかかるのでしょうか?

まず初期費用として、敷金と礼金がかかります。
「敷金」とは、契約を終えて部屋を退去する時に、原状回復費用にかかるお金の事です。
そのお金を契約時に預かっておき、契約終了後に、原状回復費用で残ったお金は戻ってきます。

そのため、出来るだけ部屋は原状回復しやすいように、汚さずキレイに利用しましょう。
敷金の相場料金の目安は、家賃の1~2ヶ月程度となっています。

人によっては敷金と礼金はセットになっていて、同じようなものだと思っている人もいるかもしれません。
しかし「礼金」は、言葉通り部屋を所有し管理している大家さんに対して支払われるお金です。
そのため、礼金は退去時に戻ってこないお金です。
礼金の相場料金も家賃の1~2ヶ月程度となっています。

ですが礼金に対する考え方は、大家さんによってそれぞれ異なります。
空室でなかなか部屋が埋まらないよりも、礼金ゼロにして家賃収入を確保した方がいいと考える大家さんも最近は増えてきています。
なので、敷金ゼロの部屋も存在しているので、初期費用を極力抑えたいという人は礼金ゼロ物件を探してみて下さい。

「前家賃」とは、契約し入居する最初の月は、家賃は前払いになるのが基本です。
ただし、月の途中から入居する場合は、前家賃は家賃の全額ではなく、日割り家賃として計算されます。

「仲介手数料」とは、大家さんに代わって物件の案内や契約の手続きを行う賃貸不動産会社に支払われるお金の事です。
法律で仲介手数料の上限が家賃の1ヶ月分と決められています。

「火災保険料」とは、火災や水漏れなどのトラブルを補償するための保険料です。
トラブルの補償は、必要ないから支払いたくないと思う人もいるかもしれません。
しかし大家さんとしては、火災や水漏れなどのトラブルが起こると修繕費が発生します。

そのため修繕費の負担を軽減するために、契約時に火災保険に加入するのはほぼ強制だと言えます。
火災保険料は1人暮らしで1.5万円、2人暮らし以上で2万円程度が相場料金となっています。

その他にかかる初期費用としては、保証料が発生するケースもあります。
保証料とは、連帯保証人がいない人が家賃保証会社を利用し、支払うお金の事です。
保証料とは(家賃+管理費)×0.5ヶ月分が相場料金となり、戻ってきません。

あと契約時に発生する初期費用ではありませんが、契約し引っ越してくる際に、引っ越し料金も発生するので、引っ越し料金分のお金も用意しておく必要があります。
引っ越し料金は、荷物の量、引っ越しする距離、引っ越しする人数など条件によって大きく異なります。なので、引っ越し料金がどれぐらいかかるのかは、事前に見積もりを出してもらって下さい。

引っ越し料金以外にも、引っ越しの際に新しく家具や家電を買い揃えるという人もいるでしょう。
そうなると、さらにかかるお金は増えてしまいます。

賃貸不動産を契約して新しい生活を始めたい、そう考える場合に、これだけ初期費用が発生する事を理解して、まずはお金を貯めるところからスタートして下さい。
相場料金の目安となるのが、家賃×1~2ヶ月分なので、物件選びの際に予算よりも家賃が上がってしまうと、大幅に初期費用も上がってしまう事もよく理解した上で、無理のない物件を選ぶ事も重要です。

ただ、工夫次第では、初期費用を安く抑える事は可能です。
例えば、敷金、礼金、前家賃なしのフリーレントと呼ばれる物件を選ぶ事も1つの方法です。
このフリーレント契約の場合は、契約1年未満で引っ越した場合は、違約金が発生するなどの縛りがあるので、契約内容はよく確認して下さい。

また大家さんに交渉する事で、家賃が数千円程度安くなる可能性もあります。
総額は安くならなくても、支払いを一括払いではなく、分割払いにする方法もあります。
分割払いであれば、貯金額が少なくても、月々の返済時までにお金を用意すればいいので、初期費用の負担を減らす事が出来るでしょう。

  • Posted on 20. 5月 2018
  • Written by author
  • Categories: 未分類
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA